機種選定 必勝の法則 ~多くを期待できない機種の傾向と対策~

こちらには各項目の基準数値を添えた資料を添付します

パチンコ機は昨年3月以降の設置・設置予定のハイ・ハイミドルの69型式
パチスロ機は昨年1月以降の設置・設置予定のAT機56型式+北斗、VVV、カバネリ
これらをメーカー発の資料・業者説明会での展開数値のみの段階で弊社シートに落とし込んだ資料となります。

<パチンコ機 チェックポイント>
■TYS:平均TY(持ち玉)+時短orST回数で遊技できるスタート回数
  349回以下(期待値低⇒運用時要調整)

■I cost/MY:下限B値での出率100%時における初期投資と平均MYとの期待値
  1.5以下(期待値低⇒運用時要調整)/1.8以上(運用負担⇒要調整)

■S/T¥:下限B値での出率100%時における入賞Sに対する玉単価の負担度
  25.0以下(負担高⇒運用時要調整)

■1000S/T¥:下限B値での出率100%時における\1000Sに対する玉単価の負担度
  8.01以上(負担高⇒運用時要調整)

■MY/TK:平均MYに対しTK(平均継続回数)から見た1特賞あたりの獲得玉数
  2000発以下(期待値低⇒運用時要調整)

「2024年1月末時点での遊技機状況 まとめ」 ※機種名リスト

「設置台数・導入店舗数減少推移」
PDF資料内様

◆ 対象:1月末週で導入後15週以上経過している全検定機種
◆ 設置台数減少率
2024年1月末時点で導入15週を経過している機種の導入4週目設置台数と導入から15週経過時点での設置台数の推移
◆ 残存店舗率
2024年1月末時点で導入15週を経過した各機種の導入後最も多かった設置店舗数と1月末時点での設置店舗数の推移

<販売元別リスト>
Fieldsが販売した機種には高尾、O.K、Bisty等が含まれます

<設置台数減少率が低く残存店舗数の多い機種リスト>
導入4週経過時と15週経過時の設置台数減少率が10%以下
導入店舗数のピーク時と2024年1月末時点のP-WORLD導入店舗数減少率が10%以下

<導入後15週~40週経過の機種で導入4週目と15週目の台数を20%以上減らした機種>
導入後15週(3カ月)以上、40週(1年未満)経過した遊技機群で
導入4週経過時と15週経過時の設置台数減少率が20%以上

ページ